ボアハンコックの名言から感じること

スポンサーリンク

ボアハンコックには数多くの名言があります。

その中で心に響いたものが、「もう誰からも支配されとうないっ!」という言葉です。

このセリフが出てくる背景には、12歳からの4年間を世界貴族の奴隷として過ごした過去が関係しています。

逆らうことができず、黙って従っていた屈辱を二度と味わいたくないという心の叫びが、強い言葉に表れているのだと思います。

涙を流して訴えるほどの辛さが、今も彼女の中にあるのだと考えると泣きそうになります。

スポンサーリンク

「わらわは何をしようと、たとえ猫を蹴ろうとも、世界中がそれを許してくれる。そうよ!わらわが美しいから!」というのもボアハンコックの名言の1つです。

このシーンを初めて見たときには横暴なことを言う人だと感じていましたが、読み返すとボアハンコックの発言から学べるところもあると思いました。

言っていることは酷いかもしれませんが、彼女は自分の美しさに自信を持っています。

この自信を持って発言することは、私たちが生きる世界でも必要なことなのではないでしょうか。その自信を持つ大切さを彼女が教えてくれているのだと思います。

この名言から感じ取れることは、もう1つあります。

それが高圧的な態度を取っている理由です。この高圧的な態度の理由にも、奴隷時代の屈辱が関係しているのではないかと考えています。

「女性だからという理由で舐められないように」という彼女の気持ちが読み取れるセリフでもあると思っています。

■ 電子書籍マンガを読みたい方へ
おすすめサイトランキングはこちら