ワンピースのヒルルクが残した名言

スポンサーリンク

漫画『ワンピース』に登場するヒルルクは、麦わら海賊団船医のトニートニー・チョッパーの師匠であり、育ての親でもあります。

周りからはやぶ医者扱いされていたヒルルクですが、彼は短い登場回数の中で心に残る名言を残しています。

ヒルルクは国に追われる立場でありながら、ドラム王国の医師団である「イッシー20」の病気を治すために王城に出向きました。

騙され殺されそうになった際に「よかった、病人はいねェのか、おれァはてっきり国の一大事だと、何だァ、おれがダマされただけか」と人の事だけを思う言葉を残しています。

また、本当に死にそうになっている状況で「人はいつ死ぬと思う?心臓を銃で撃たれたとき?違う。不治の病に犯された時?違う。猛毒キノコのスープを飲んだ時?違う!!!人に忘れられた時さ!」と、人としてどう生きていくべきかを言葉に残しています。

ヒルルクは自分の死生感を語ると同時に、周りの人間に代わることを促していきます。

その彼の生きざまが見えるのが最後に残した「まったく!良い人生だった!」という人生に後悔を感じられない一言です。

彼は『ワンピース』の他のキャラクターたちと同じように、輝いているキャラクターで、その名言は他のキャラクターの名言にも負けないくらい心に残ります。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

コメント