ワンピースのジンベエが語る心に残る名言

スポンサーリンク

ジンベエは、『ワンピース』の登場人物の中でも、頼りになるお父さん的存在だと思います。

魚人が人間から差別や迫害を受けていても、ジンベエは恨みや憎しみを断ち切ろうと行動します。

ルフィの治療に血液が必要なときも、魚人島では輸血を法律で禁止されているのに、「わしの血を使え…?」と差し出します。

自らはつらい思いをしていても、悪しき習慣をなくそうとするジンベエは本当に意思が強く、自分が信じたものには忠実だと思います。

熱い想いを持ち仁義を通す、そんな男気溢れるジンベエのファンは多いと思います。

スポンサーリンク

ジンベエの名言はたくさんありますが、なかでも多くの人の心に残っている名言のひとつに、「失った物ばかり数えるな!!!無いものは無い!!!確認せい?お前にまだ残っておるものは何じゃ!!!」があるでしょう。

生きる気力を失っていたルフィの目を覚まさせた言葉です。

悲しみのあまり、その絶望感から抜け出せないルフィに、自分には仲間がいることを気づかせました。

厳しい中にもジンベエの優しさが溢れた言葉で、読んだときには心に熱いものを感じました。

ジンベエは、頂上戦争のときも意識を失うルフィを海軍大将である赤犬(サカズキ)から、「わしはこの男を命に代えても守ると決めとる」と言い放ち、ルフィを守りました。

こういった名言や仲間同士の絆、義理人情にあついところが、『ワンピース』の人気のひとつだと思います。

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

『ワンピース』が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら