ワンピースのベガパンクの正体は?

スポンサーリンク

漫画『ワンピース』のベガパンクといえば、世界最大の頭脳を持つ男として世界政府につかえる科学者です。

武器に悪魔の実の能力を与える技術や海王類から襲われない船など、ベガパンクの功績はストーリーの中でも多く登場しています。

中でも王下七武海のバーソロミュー・くまをサイボーグにしてしまったパシフィスタが与えた衝撃は大きいでしょう。

この様にストーリーへの影響も大きいベガパンクの科学力は、これから人類が500年をかけて到達する域にいるといわれている程です。

この様な『ワンピース』のストーリーへの影響が大きい数々の発明をしているベガパンクですが、その正体は謎に包まれています。

読者の間ではその正体について様々な憶測が飛び交っていますが、ストーリーの中ではその核心に迫る内容は明らかになっていない部分が多いです。

発明品についても、まだまだ絶大な影響を持つものがあるという表現はストーリーの中でも紹介されていますが、明らかになっていないものが多くあります。

海賊王を目指す主人公であるルフィとその一味にとって、敵か味方か、いずれにしても彼らの冒険に与える影響も大きいものとなることでしょう。

ベガパンクの正体や発明が少しずつ明らかになっていく今後の展開には目が離せませんね。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

コメント