ワンピースに登場!凶悪な敵ビッグマムとゼウス、プロメテウス

スポンサーリンク

漫画『ワンピース』に出てきた敵の中で強烈なインパクトを与えたビッグマムですが、その強さを支えてきたゼウスとプロメテウスの印象は非常に強かったです。

四皇は別次元の強さだと良く語られていましたが、そのビッグマムの強さの一端を見せつけてくれたのはゼウスとプロメテウスの二体でしょう。

特にゼウスの雷を使った技である雷霆と、プロメテウスを拳に纏わせそのまま叩きつける天上の炎のインパクトは、凄まじいものがありました。

スポンサーリンク

白ひげのグラグラの実による大津波も、これぞ四皇というだけの強さをたっぷりと見せつけていましたが、マムのゼウスとプロメテウスによる破壊の嵐も、それに負けず劣らずなレベルでした。

正直『ワンピース』を読んでいてどうするんだろうか、この四皇とは思っていました。

何かしら方法を見つけるのか、それともルフィが覚醒するのか。そのどちらかだろうと勝手に考えていましたが、まさか結局ビッグマムからは逃走の一手しかなかったというのには驚かされましたね。

結局マムの力の片割れであるゼウスは上手い具合にナミが奪っていきましたが、プロメテウスは健在のまま。

そしてゼウスもビッグマム相手には恐れをなしているためいつ裏切るか分からない緊張感が続いていて、まだまだ続きが気になります!

■ 電子書籍マンガを読みたい方へ
おすすめサイトランキングはこちら