ワンピースのブルーノはなぜ酒場の店主なのか?

スポンサーリンク

漫画『ワンピース』のブルーノの正体にはびっくりされた方も多かったかと思います。

CP9の中でも重要な役割をこなしていたブルーノがなぜノロマな酒場の店主を引き受けていたのか。

その能力の広さから連行しているロビンを再度捕まえたり、仲間たちをバスターコールから救い出したりと幅広く活躍し、戦闘の際も「麦わらの一味を殺してはいけない」という任務を忠実に守り、防御に徹しているのはブルーノだけです。

スポンサーリンク

能力の広さから仲間からの信頼も厚く、他の仲間がガレーラの職員という尊敬される職業でありながら、ノロマな酒場の店主という難しい役どころを担ったのはこのためではないかと思います。

また『ワンピース』のアニメでは、他の仲間たちは普段から普通の声で話しています。

一方ブルーノは、普段から気の弱そうな声で、相手から見下される声で話しています。それがいざ屋敷潜入の際には、低いドスが効いた様な声で話します。

ウォーターセブンを離れる際も、フランキーに酒場のカウンターを壊された後に作戦を実行する事により「酒場のカウンターが壊れたから店を閉めた」という理由をもって、堂々とウォーターセブンを離れる事に成功しています。

以上の様な冷静さや任務への忠実さから、「ノロマな酒場の店主」という難しい役どころをこなしたのでないかと思います。

■ 電子書籍マンガを読みたい方へ
おすすめサイトランキングはこちら