ワンピースの巨人族ゲルズはあのビッグマムの幼馴染

スポンサーリンク

漫画『ワンピース』の登場人物の中で抜群のインパクトを持っているのはやっぱり巨人族ですよね。

そんな巨人族も作品が続くにつれて何人も登場しました。

そんな巨人族でも少し変わった生い立ちのゲルズというキャラクターが登場しました。

どんなところが変わっているかと言うと、実は彼女は子供のころにあのビッグマムと幼少期を一緒に過ごしている数少ないキャラクターの一人なんです。これは驚きですよね。

ビッグマムは当時から怪力で怖がられていましたら、それでも怖がったりせずに遊び仲間としてゲルズはビッグマムと幼少期を一緒に過ごしていたというから凄いですね。

スポンサーリンク

しかしそんな平和な日も長くは続かず、ビッグマムの暴走で育った村が壊滅状態になった時にゲルズは村を出て、『ワンピース』の作中も長いこと登場しませんでした。

そんな不遇のキャラクターですから、ハイルディンの新巨兵海賊団で船医として登場した時は驚きましたね。

ビッグマムと比べてゲルズはあまり年齢を重ねていないように感じましたが、巨人族は成長速度が遅いのでそれも納得です。

幼少時の可愛らしい風貌から考えて海賊になるとは想像できませんでしたが、乗っているのは同じ巨人族のハイルディンの船ですから案外すんなりと海賊家業を始めたのかもしれません。

今後はビッグマムとの対面シーンが待ち遠しいですね。

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

『ワンピース』が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら