ワンピースのロックアンドスコッチの強さ

スポンサーリンク

漫画『ワンピース』の中で、ロックアンドスコッチはこれまでのキャラクターのテイストと少し違いました。

パンクハザード編で吹雪の中から現れたこのロックアンドスコッチの兄弟は、まさにプロの殺し屋でした。

感情的になるようなシーンはなく、最初から最後までクールな印象が強かったです。

ですが、なぜ彼らは顔さえ見せなかったのか。それは、もしかしたら彼らはかなり重要な鍵を握っていたのかもしれません。

『ワンピース』の作中において、重要なキャラクターはシルエットから登場するというパターンが多いんです。そう考えると、ロックアンドスコッチも重要な人物なのではないかと思うんです。

スポンサーリンク

シーザーの部下で、雪山の殺し屋と呼ばれている二人ですが、本当にシーザーの部下だったのでしょうか。

もしかしたら、もっと強大な人物の命令でシーザーを見張っていたのではないのでしょうか。

そう考えると、誰に?と思いますよね。

そして、シーザーにかなり信頼されていたのも気になります。シーザーは簡単に誰かを信頼するような人物ではありません。

そのシーザーに信頼されるなんて、ますますこの二人の正体が気になります。

パンクハザード編で彼らの出番は終わったかのような印象ですが、いつの日か彼らの謎が解ける日が来るのではないかと、密かに楽しみにしています。

■ 電子書籍マンガを読みたい方へ
おすすめサイトランキングはこちら