ルフィにとってエースとサボは憧れでライバル

スポンサーリンク

破天荒を地で行くようなルフィですが、大切な二人の兄貴分であるエースとサボのことはとても尊敬しています。

小さな頃から一緒に育ち、自分たちだけで生活をするなど、様々な面でライバル心もあったように思います。

特にエースはルフィにとって憧れの存在で、自分は絶対に敵わない存在であると認めているほどです。

エースといえば、白ひげ海賊団の2番隊長として黒ひげを追っていたというのが印象的なのですが、それ以上に「あの伝説のゴール・D・ロジャー」の実の息子であるということ、そして体をマグマの拳で貫かれた最後のシーンが強烈に残っています。

ルフィの目の前で死んでしまったことで、大きな傷として残るのと同時にルフィの変化のきっかけにもなりました。

サボといえば、エースの死後になんと悪魔の実を食べて能力者になってしまったというのが驚きですよね。

幼馴染であり、親友であり、ルフィの兄貴分であったエースとサボは硬い絆で結ばれていました。子どもの頃に死んだと思われていたサボですが、その後の活躍は言うまでもありません。

ルフィの目の前に現れたときは、読者も驚いた人が多かったと思います。

しかもあの革命軍の幹部として存在していたなんて、ルフィも驚きです。エースの亡き後、大切な弟であるルフィや革命軍の仲間たちと共にまだまだ活躍の場が広がりそうです。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

コメント