ワンピース※エースとマルコの仲間としての絆

スポンサーリンク

漫画『ワンピース』で忘れられないのは、エースとマルコの絆です。

マルコは白ひげ海賊団の1番隊隊長です。不死鳥マルコと呼ばれ、その体はピカピカの実の能力でどんな攻撃を受けても滅ぶ事はありません。

まさに不死鳥の如く炎の中から甦るのです。

そして、『ワンピース』のマルコにとってエースは数々の冒険を共にしてきた仲間です。

あの頂上決戦の日。処刑台にいるエースの姿に、マルコの怒りは底知れぬものだったのでしょう。

スポンサーリンク

不死鳥となり処刑台へと向かうマルコは、ただ仲間を救いたい。また共に航海へと出る事を願っていた事でしょう。

更に、エースの弟であるルフィの援護をするマルコからは白ひげとエースへの信頼が溢れていました。

会った事もないルフィを、何の躊躇いもなく援護する事が出来たのは、エースとの強い絆があったからです。

ルフィを援護する事こそがマルコのエースへの絆の証だったのではないでしょうか。

ですが、悲劇が起きてしまいました。

赤犬によりエースを失い、親父と慕う白ひげもまた、マルコの前で命を落としました。マルコにとって大切な人が1度に失われたのです。

マルコは、普段はあまり感情を見せない男です。ですが、この時のマルコからは怒りと後悔、そして哀しみが溢れていました。

マルコは、これからもルフィが本当の危機に陥ったら、その不死鳥の翼で再び駆けつけてくれるのではないかと思います。

大切な仲間が命を懸けて守った弟を、エースの代わりに守る為に。

■ 電子書籍マンガを読みたい方へ
おすすめサイトランキングはこちら