ワンピースでエース死亡のシーンはかなりダメージが大きかった

スポンサーリンク

漫画『ワンピース』の物語の醍醐味とはいったい何かと言われれば、主人公のルフィーが何もない状態から成り上がっていく過程にあると思います。

しかし、そのストーリーの中に散りばめられた様々な感動シーンもまた、読者の心を大きく動かすことも事実です。

いろいろと挙げることができますが、海軍と白ひげ海賊団との頂上決戦の折に、同海賊団の二番隊隊長であるエースが死亡するというシーンは、多くの『ワンピース』の読者たちに心のダメージを与えたことでしょう。

エース救出の話では、ルフィーが多くの味方の援護により首尾よくエースを助け出したように思えました。これで後は撤退するのみという状況です。

誰もが救出作戦は成功したと思ったことでしょう。

しかし、逃げるルフィーとエースに海軍大将の赤犬がけしかけます。「白ひげは、所詮、先の時代の敗北者じゃけぇ」との言葉がエースを立ち止まらせました。

誰が見てもこれは赤犬の作戦であることは明確でしたが、エースは赤犬に言葉の撤回を求めたのです。

結果、エースはルフィーを守って赤犬のマグマの拳に胸を貫かれて死亡するわけですが、この死亡シーンを見て、男には曲げてはいけない信念がある、という事を改めて考えさせられました。

おそらくエースは赤犬と戦えば負けることは最初から分かっていたのだと思います。

しかし、そこで敢えて立ち向かったのは、他ならぬ男だからです。この心意気は我々一般読者にも大きく通用するものではないでしょうか。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

コメント