ワンピースの頂上戦争!エースを救うために動いた海賊に感動!

スポンサーリンク

漫画『ワンピース』の頂上戦争はエースを救うために白髭海賊団やルフィたちが海軍本部に乗り込むことで起きます。

この頂上戦争では多くの人が傷つき死ぬのですが、そこには感動がありました。

まずルフィは不可能と言われていても、命を懸けて戦争に乗り込んだことに感動しました。後悔しないために命をかける心意気はさすが主人公と思いました。

また、エースは自分のミスで仲間の命が失われていることに苦しみますが、そこまでしてくれる仲間に対して嬉しいと言います。この言葉は生きていていいのかという、エースが生きているなかで抱えた疑問に対するる答えです。

嬉しいと素直に言えるエースに対して心から納得しました。自分がもしその立場だったら、仲間の気持ちを嬉しいと思うからです。

スポンサーリンク

もう一人感動させられたのは白髭です。

白髭はエースのミスではなく自分が命令したと宣言した部分には心が震えました。エースが悩まなくていいように、頂上戦争の前に思いやっているのです。

また、白髭は自分が死ぬことも予期して、新しい時代に種を残したのだと思います。

『ワンピース』のエースやルフィなど時代を背負っていく若者たちに背中を見せて語った場面は感動的でした。時代を白髭と呼ぶという言葉にはかなり共感ができました。

■ 電子書籍マンガを読みたい方へ
おすすめサイトランキングはこちら