ワンピースに出てきた新しい覇気、流桜が強い

スポンサーリンク

漫画『ワンピース』の2年後から新しく登場した覇気という能力ですが、ワノ国編で「流桜」という新しい覇気が出てきました。

これは武装色の覇気の一種であり、1点に集中させることで攻撃力と防御力をさらに高めることができるというものです。

さらには、衝撃波を出して離れた敵を攻撃することも可能です。

なお、リューマは流桜を使って龍を切ったそうなので、ゾロも習得しそうですね。

2年前にレイリーがケイミーの首輪を外したのもおそらく同じ方法だと思います。そして、今回はルフィが首輪をつけられています。これはルフィが流桜を習得する伏線でしょうね。

過去の伏線がどんどん回収されていくのも、『ワンピース』の面白いところだと思います。

流桜という覇気が出てきて思ったのは、ルフィがカイドウを倒すのが現実的になってきたということです。

カイドウは硬いので、武装色の攻撃でもダメージを受けません。しかし、武装色を一点に集中した流桜ならダメージが通ると思います。

まだわかりませんが、最終的にカイドウを倒すのは流桜を習得したルフィだと思います。

今の段階では四皇を1人で倒すのは難しそうなので、仲間と協力して倒すのでしょう。

懸賞金10億超えのカタクリを倒し、懸賞金が15億となったルフィですら、ビッグマムやカイドウには歯が立ちませんでした。それほど四皇はケタ違いの強さです。

いったいどうやって四皇を倒すのか、とても楽しみですね。

最初にカイドウと戦ったときには、まったくダメージを与えることができずボロ負けでした。一回ボロボロに負けた相手を倒すという展開は、読んでいてワクワクします。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

コメント