ワンピース※ティーチ黒ひげ海賊団の能力者狩りについて考察

スポンサーリンク

漫画『ワンピース』では主人公のルフィ達との最強のライバルとして、マーシャル・D・ティーチ、通称黒ひげがいます。

ティーチ黒ひげは自身が食べた「ヤミヤミの実」に加え、白ひげの能力であった「グラグラの実」の能力を自分のものとしました。『ワンピース』では悪魔の実の能力は1人につき1つとされていますが、唯一彼は能力を二つ所持しています。

なぜ二つ所持できているのかということよりも、どうやって能力を他者から奪うのかという点が気になります。

ドレスローザ編では、黒ひげ海賊団が能力者狩りを進めているということが明らかになりました。最近では、元インペルダウン看守長、現黒ひげ海賊団2番船船長の雨のシリュウが、ゲッコーモリアの部下であるアブサロムの「スケスケの実」の能力を奪いました。

ヤミヤミの実の力で能力者狩りをしているのでしょうか。それともある特定の方法があるのでしょうか。

スポンサーリンク

まず、白ひげの能力を奪った際は、黒い布で覆っていたため、どのようにして能力を奪ったかはわかりません。白ひげの体にも外見的な変化はありませんでした。

また、シリュウが成功するか心配するような描写があったため、能力者狩りは初めてのことであったこともわかります。

次に、ドレスローザでの描写についてです。黒ひげ海賊団1番船船長ジーザス・バージェスがサボの「メラメラの実」の能力を奪おうとしました。つまり、ティーチでなくとも能力を奪うことは可能であると考えられます。

また、基本素手で戦うバージェスが、能力を奪うと決めた後にナイフを取り出してサボを攻撃しようとしているため、対象者の体から臓器などを取り出す必要があるとも考えられます。

しかし、白ひげの時は体に変化は見られなかったので、そこも謎に包まれています。

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

『ワンピース』が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら