ワンピースのジャンゴのあごは何か関係が?

スポンサーリンク

漫画『ワンピース』の序盤に登場して、いまではすっかり過去の人になってしまったあごが特徴的なジャンゴですが、実は扉絵では頻繁に登場していました。

そもそもジャンゴはクロネコ海賊団の船長として登場しますがルフィ達に敗北し、それからの動向は扉絵でのみ登場することになります。

そういえば、フルボディとの出会いをキッカケに海賊を辞めて海軍へと入隊していましたね、あの時は衝撃でした。

フルボディとの友情が目覚め、海軍大佐のヒナに一目惚れするなど、その後はコミカルなサブキャラとして定着しました。

『ワンピース』は悪魔の実を食べて能力者になっているキャラクターが多いので、ついつい勘違いしてしまいがちですがあごが特徴的なジャンゴは悪魔の実の能力を使っているか明言はしていません。

強力な催眠術を操るのですが、この催眠術が使えるようになったのはあごのキノコを食べてからとのことなので、もしかしたら悪魔の実と何か関係性があるのかもしれませんね。

物語りが新世界編へ突入し、すっかり忘れたころにジャンゴが登場します。一目ぼれしたヒナの部下になったようで彼女に花束を用意するなど、今でも一途な想いに変わりはないようです。

今後ジャンゴが登場することはほぼ皆無だと思いますが、また登場するなら今はどうなってるのか知りたいですね。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

コメント