ワンピースの青キジのアイスエイジ※強く優しい必殺技!

スポンサーリンク

漫画・アニメ『ワンピース』に登場する青キジことクザンは、麦わらの一味と物語の序盤に出会っています。

当時のルフィでは全く歯が立たず、圧倒的な強さをみせました。

青キジはヒエヒエの実を食べた「氷結人間」、悪魔の実の能力者です。自身を氷に変えることや、触れたもの全てを凍らせること、さらに冷気を飛ばすことで触れずに凍らせることも出来ます。

そんな青キジの技で1番かっこいいと思うものは、アイスエイジ。海を周囲一帯凍らせてしまう大技です。

白ひげが起こした津波さえも一瞬で凍り付けにしてしまいます。

悪魔の実の能力者は、能力を得る変わりに海に入ることができません。しかし、青キジは海に落ちてしまう前にアイスエイジで凍らせることができるので、その弱点はないものとなります。

『ワンピース』史上最強の悪魔の実ではないでしょうか。

ただ強いだけではなく、青キジは闘い以外でもアイスエイジを使用しています。

初登場時、ロングリングロングランドにて、仲間とはぐれたトンジットさんを仲間のいる島まで渡らせるため、海を凍らせたのです。凍った海の上を歩いていけば、離れた島にいる仲間にも会いに行けますよね。

市民のために自身の能力を使う青キジは、海軍の鑑です。そんな強くて優しい、かっこいい青キジの活躍がこれからも楽しみですね。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

コメント