バンにジバゴは盗みを教えて、育ての親となる

スポンサーリンク

漫画『七つの大罪』のバンは今でこそ、不死身の(アンデッド)バンと恐れられていますが、幼少期はつらい生活を強いられていたようです。

身寄りがなかったようで、いつも腹をすかせながら、街中をさまよっていました。

ジバゴという男と出会います。ジバゴはスリを行っていた狐の獣人で、普段は人間の姿に擬して街に紛れていました。バンと会う時は、いつも人間の姿をしていました。

このジバゴがバンの育ての親となり、盗みを教えていました。また、ジバゴにはセリオンという子がいましたが、山に置いていました。

ジバゴとバンは仲が良く、コンビでスリや盗みをしていました。

しかし、ある時、騎士の山狩りの話を聞き、ジバゴは息子のセリオンのことが気がかりになります。ジバゴはバンと息子であるセリオンを天秤にかけ、バンを見捨ててしまいます。

それにより、バンは盗みが失敗してしまい、袋叩きにあいます。

ジバゴはそのことを強い負い目を感じていました。そして時が過ぎ、バンと再会の後に懺悔して、老衰によって狐の姿で死亡します。

バンはジバゴのことを憎んでいたわけではなかったと思います。それと、ジバゴのことは何となく、人ではないことを幼少期から感じていたのではないでしょうか。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

コメント