エスカノールがメリオダスと戦うことに・・・※七つの大罪

スポンサーリンク

エスカノールとメリオダスは共に『七つの大罪』の一員で、メリオダスはその団長です。

メリオダスはエスカノールの方が自分より強いと軽口で発言していますが、強さだけが団長の器ではないとしても、団長のメリオダスが強いのではないかと思う方も多いのではないでしょうか。

一方、エスカノールは夜は大人しくひ弱ですが、日の出と共に力が増していき正午になると同時にピークに達し、外見も筋骨隆々となります。この時のピーク時の闘級は他の『七つの大罪』の闘級の合計を軽く凌駕すると言われています。

これだけ見ると、やはりエスカノールが強いようですが、戦ったらどうなるのでしょう。

その戦いが『七つの大罪』で描かれています。十戒と戦いでメリオダスは魔神王の魔力を全力で行使したため、驚異的な力を取り戻すものの、精神は逆に暗黒の魔力に支配されてしまいます。

スポンサーリンク

その暴走を止めるという形で、エスカノールとメリオダスの戦いが始まります。

お互いを「おこがましい」と傲慢に挑発する2人。

まさに、「最強の人間 vs 最強の魔神」といった形で、互いに打ち合います。激しく打ち合い、一時はエスカノールが優位の時があると思えば、一時はメリオダスが優位に立つというような戦いぶりです。

この戦い、果たしてどうなるのか、非常に気になる所です。

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

『七つの大罪』が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら