エスカノールは傲慢そのもの!相手を圧倒する闘級

スポンサーリンク

エスカノールは『七つの大罪』の一員で、「傲慢の罪(ライオン・シン)のエスカノール」とも呼ばれています。

夜は大人しくひ弱ですが、日の出と共に力が増していき正午になると同時にピークに達し、外見も筋骨隆々となります。

ピーク時の闘級は他の『七つの大罪』の闘級の合計を軽く凌駕すると言われ、その時の性格は自制心を完全に忘れた傲慢そのものの存在となります。

そのエスカノールの傲慢な言動や行動は、相手を挑発しているかのようにも見えます。しかし、本当に自分の力に自信を持っており、傲慢な発言をしているのだと思います。

一部ですが、その傲慢な言動を抜粋してみました。

スポンサーリンク

「おこがましい」

「せいぜい足掻(あが)いてください」

「抱くのは憐(あわ)れみ」

「決めるのは我だ」

「余裕をこくのが強者の特権です」

確かに傲慢ですね(^^;)

この傲慢さに見合った闘級をエスカノールは持っているので、味方としては頼もしい存在といえるでしょう。

エスカノールの余裕の戦いぶりは、見ているこちらも圧倒させられます。

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

『七つの大罪』が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら