七つの大罪のエスカノール※技が超強力で無敵といえる存在!

スポンサーリンク

エスカノールは『七つの大罪』の一員で、通称「傲慢の罪(ライオン・シン)のエスカノール」とも呼ばれています。

手配書では威厳のある老人の姿で描かれているが、実際のエスカノールは大人しくひ弱です。

しかし、人間ながら特異な力を授かった存在で、太陽の日の出と共に力が増していき正午になると同時にピークに達し、外見も筋骨隆々となります。

この時の『七つの大罪』のエスカノールには、大人しくてひ弱い姿は微塵も感じさせません。

闘級では、他の『七つの大罪』を凌駕しており、魔力を込めた技も超強力です。

その技の一部を紹介したいと思います。

・太陽(サンシャイン)

あらゆる種族のものと異質にしてすべての生命の根源の魔力。太陽のごとき灼熱ですべてを焼き尽くす技。

・無慈悲な太陽(クルーエルサン)

「太陽」の魔力で作った熱の玉を相手にぶつける。闘級の上昇に合わせてサイズも巨大化。

・微塵切り(スーパースラッシュ)

高い武力に任せた、神斧での強烈な一撃。

・天上天下唯我独尊(ザ・ワン)

正午に一分間だけ現れる、攻撃力、防御力の全てにおいて最強の状態。無敵の権化。

・暴発する矜持(クレイジー・プロミネンス)

無数の火球を爆発のように撃ち放つ技。

このように、エスカノールは強力な魔力技を操ります。日の出が上がった時のエスカノールは、まさに無敵と言えるでしょう。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

コメント