エスカノールはマーリンに強い想いを寄せるが・・・

スポンサーリンク

エスカノールは『七つの大罪』の一人で夜は大人しくひ弱ですが、日の出と共に力が増していく人物です。

正午になると同時にピークに達し、外見も筋骨隆々となり、闘級も測定不可能になる彼ですが、マーリンに強い想いを寄せており、それは昼でも夜でも変わりません。

『七つの大罪』でも「マーリンさんの姿を見るだけで心が苦しくなって・・・」といったセリフやマーリンに対する接し方を見ていると好意があるのは明らかです。

「傲慢の罪(ライオン・シン)のエスカノール」とも呼ばれる彼ですが、マーリンに対しては傲慢にはなれないようです。

一方、マーリンはそんなエスカノールの気持ちを知っているのかわかりませんが、あまり眼中にない様子。自分の研究や目的に気持ちが集中しているようで、恋愛にはあまり興味が無いように見えます。

スポンサーリンク

マーリンは妖艶な魅力がある女性なので普通にモテそうな気がしますが、あまり人を寄せ付けない雰囲気もあります。

そんなエスカノールとマーリンの今後の展開が気になる所です。

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

『七つの大罪』が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら