エスカノールとエスタロッサ※お互い底が見えない対決!

スポンサーリンク

エスカノールは『七つの大罪』の団員で、最強とも言われる人物です。

夜は大人しくひ弱そのものですが、日の出と共に力が増していき正午になると同時にピークに達し、外見も筋骨隆々となります。その時の闘級は他の『七つの大罪』の闘級の合計を軽く凌ぐという圧倒的な強さを誇ります。

そのエスカノールに対し、十戒のエスタロッサが戦いを挑みます。

というより、十戒のエスタロッサにエスカノールが戦いを挑んだと言った方が正しいかもしれません。

なぜかというと、エスタロッサの戒禁「慈愛」で、「俺の前で憎悪を抱く者は、何人をも傷つける術を失う」という戒禁にかかり、他の聖騎士や『七つの大罪』は戦うどころか武器を持つこともできなかったからです。

スポンサーリンク

それなら、エスカノールも戦えなくなるのではないのと思われるかもしれません。

しかし、「傲慢の罪(ライオン・シン)のエスカノール」とも呼ばれる彼には、エスタロッサに憎悪を抱く感情はなく、憐みしか持っていませんでした。

戦いはまずガードした上からもらったエスカノールの一撃で、これまで膝をついたことがないエスタロッサが膝を突きます。

もう一度、エスカノールが攻撃しましたが「全反撃(フルカウンター)」で今後はエスカノールが傷つきます。

でも双方、まだまだ余裕がある感じでまったく譲りません。

ここから、お互い本気の技を出していく感じですが、果たしてどのような結果が待っているのでしょうか。

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

『七つの大罪』が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら