エスカノールは恩寵が宿ったため、最強の力を手に入れる

スポンサーリンク

エスカノールは『七つの大罪』の一人で夜は大人しくひ弱ですが、太陽が上がっているときは超強力な戦闘力を発揮する人物です。

正午になると同時にピークに達し、その時の闘級は他の『七つの大罪』の闘級の合計を軽く凌駕すると言われています。

このエスカノールの力の源である太陽ですが、恩寵に関係があるようです。

恩寵とは、女神族の精鋭部隊・四大天使が女神族のトップに立つ最高神より授かった力で、「竜巻」「大海」「閃光」「太陽」があります。

そして、太陽の恩寵は3000年前は四大天使で最強の男と言われるマエルが所持していたものです。

スポンサーリンク

しかし、十戒のゴウセルによって女神族である記憶を奪われてしまったため、マエルはエスタロッサという架空の人物となり、魔神族の味方となってしまい、恩寵の力を失います。

その太陽の恩寵が、人間のエスカノールに宿りました。

そのため、エスカノールが太陽が上がっていくとともに、闘級が上がっていく力を身につけたわけですが、なぜ人間のエスカノールに恩寵が宿ったかは謎に包まれています。

このあたりは、今後の展開で判明していくのかもしれません。

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

『七つの大罪』が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら