バンとホーク師匠※『七つの大罪』でとても仲がいいコンビ♪

スポンサーリンク

バンとホーク師匠は仲が良いですよね(^^)

バンは「七つの大罪」の一員で、強欲の罪(フォックス・シン)のバンとも呼ばれています。また、「不死身の(アンデッド)バン」の異名でも知られています。

時々真顔になるときもありますが、基本はノリが軽く楽天的な感じです。

料理上手であるため「豚の帽子」亭のコックを担当しています。

一方、ホークは人語を理解し、話せる豚で、メリオダスの友人です。

『七つの大罪』のマスコット的存在で、気概はありますが、戦闘は苦手な感じです。「とんとことことこ」といった足音を喋りながら、走ったりします。

自分自身が逃げるために走ることもありますが、人を乗せて走ったり、連絡を伝えるために走ったりしているので、自身で攻撃はしなくても後方のサポート役として活躍しています。

それで、バンとホーク師匠なんですが、いつごろから「師匠」と呼ぶようになったのかはわかりません(^^;)

ホークが「残飯処理騎士団団長ホークだ!!!」に対しバンが「すげー♪全く聞いたことねえ!!」と感心して、その後に意気投合したころから「師匠」と呼ぶようになったと思います。

また、バンが料理が得意なので、残飯が美味しくホークと仲が良いのでしょう。

バンとホーク師匠のやり取りを見ていると、心がなごむ感じがします。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

コメント