ラフちゃん※盾の勇者の仲間、ラフタリアの式神

スポンサーリンク

物語『盾の勇者の成り上がり』の主人公、岩谷尚文(いわたに なおふみ)は四聖勇者の一人、盾の勇者として異世界に召喚されますが、そこで冤罪で強姦魔の烙印を押されてしまいます。

盾の勇者として盾で防御できても攻撃はほとんどできず、国中から疎外されているため、仲間を募ることもできなかったため、奴隷商から亜人の少女・ラフタリアを購入します。

しかし、ラフタリアを奴隷扱いすることはほとんどなく、お互いに協力しながらレベルアップしていき、ラフタリアは戦闘の攻撃の要となると共に、尚文の精神的な支えにもなります。

ラフちゃん(らふちゃん)というのは、絆の世界(尚文が召喚された異世界とは別の異世界)でラフタリアの毛髪から作られた式神です。

ラフタリアはタヌキ系の亜人と言われており、その彼女の毛髪から作られたせいか、外見は狸やアライグマのような姿をしています。

ラフちゃんは「ラフー」と鳴き、ラフタリアを動物化したような外見とノリのよい性格から盾の勇者の尚文にかなり気に入れられています。

かなり賢く気が利く反面、悪ノリに乗ったりするお調子者な面もあります。

また、ラフちゃんは魔法を使うことができ、光と闇で幻惑を起こして敵を惑わせたり、ラフタリアの魔法補助などのサポートを行ったりしています。

その後も成長していくことで、色んなことができるようになっていき、尚文の助けとなっていきます。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

コメント