キール※盾の勇者のラフタリアと幼馴染なのですが・・・

スポンサーリンク

盾の勇者として異世界に召喚されたものの、冤罪で強姦魔の烙印を押されてしまう大学生・岩谷尚文(いわたに なおふみ)を主人公とした物語『盾の勇者の成り上がり』。

国中から疎外され、1人で旅をしようとしたのですが、盾の勇者なので盾で防御するしかなく、ほとんど攻撃することができません。

なので、奴隷商(魔物商)から、亜人の少女・ラフタリア、そしてその後鳥型の魔物・フィーロ(卵から孵化)を購入します。

奴隷として尚文は購入していますが、奴隷扱いはほとんどせず、ラフタリアとフィーロの食事や世話をします。

そのおかげで、ラフタリア、フィーロ共にレベルアップしていき、尚文の助けとなると共に尚文に高い信頼を持っています。

その尚文たちが旅の途中で出会ったのがキールです。

キールはワーヌイ種の亜人/獣人で、ラフタリアの幼馴染です。

メルロマルクの最初の波の後、ラフタリアと同様に奴隷にされ、虐待を受けていましたが尚文とラフタリア達によって助け出されます。

ラフタリアと同じように戦えることを見せようと、霊亀の使い魔を1人で倒そうとして逆に負傷してしまい、治療に専念します。

その後、キールは中性的な顔立ちと親の教育で自身が男だと思っていましたが、女だと発覚します。

尚文は剣の力を身につけさせるより、顔が良く物怖じしないところを活かし、行商につかせます。キールは女物の服を着せられて行商に力を入れさせられた結果、行商の売り上げは村で一番となります。

このように、『盾の勇者の成り上がり』は戦闘だけを描いたものではなく、人間模様も描いているので、こういった点も面白い要素だと思います。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

コメント