リファナ※盾の勇者のような人と結婚したいと思っていた女の子

スポンサーリンク

盾の勇者として召喚されながらも、冤罪で強姦魔の烙印を押されてしまう大学生の岩谷尚文(いわたに なおふみ)の旅を描いた物語『盾の勇者の成り上がり』。

強烈な人間不信に陥りますが、奴隷商(魔物商)から購入した亜人の少女・ラフタリアと鳥型の魔物・フィーロによって心境に変化が出てきます。

尚文はラフタリアとフィーロを奴隷扱いせず、仲間として戦闘で協力したり、食事を分け合ったりしていました。なので、尚文に対する信頼は高く、ラフタリアとフィーロはどちらも明るい性格なので、尚文も心を許すようになっていきます。

その旅先で出会うことになったのが、亜人排斥派の貴族・イドルです。イドルはかつてラフタリアやラフタリアの幼馴染のリファナやキールを奴隷として買い、ラフタリアとリファナを同じ牢に閉じ込めていました。

イドルは亜人奴隷の拷問を趣味としていたので、ラフタリアとリファナは傷つけられ、弱っていきます。でも、いつかは助かるとお互いを励まし合っていました。

リファナはイタチ系の亜人でンテ・ジムナ種で、将来は亜人を大切にした盾の勇者のような人と結婚したいと語っていました。

しかし、ラフタリアや盾の勇者の尚文が救出に来たときには、キールは助けられたものの、リファナはすでに亡くなっていました。遺体は屋敷の地下牢にそのまま放置され、骨だけの姿になっていました。それを見たラフタリアは声を上げて、泣き叫びます。

その後、ラフタリアによって引き取られ、埋葬されています。

このリファナの件は、ラフタリアの心に大きな傷を残すと共に、この世界の歪んだ構造を象徴するものになっていると思います。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

コメント