ハケンの品格の相関図※主要人物の紹介

スポンサーリンク

篠原涼子さんが演じる、特Aランクの評価を受けるスーパー派遣社員・大前春子が活躍するドラマ『ハケンの品格』。

大前春子の優秀な仕事ぶりと、派遣社員と正社員の違いは何かを考えさせられるドラマとして、話題になった作品です。

その『ハケンの品格』の相関図が以下のような感じです。

相関図の中で注目すべきは大前春子、その上司である小泉孝太郎さんが演じる里中賢介、そして里中賢介の親友でもある大泉洋さんが演じる東海林武、大前春子と同じ派遣社員である加藤あいさんが演じる森美雪ではないかと思います。

この4人の性格や考え方などを箇条書きすると以下となります。

スポンサーリンク

大前春子:仕事は非常にできるが、性格がサバサバしており、社内の人間とはあまり関わりを関わりを持たない。

里中賢介:人がいい性格で、マーケティング課の主任。正社員と派遣社員を差別なく接している。

東海林武:里中の親友ではあるが、派遣社員を見下している。しかし、大前春子の仕事ぶりを見て次第に大前春子に好意を持つようになる。

森美雪:新卒入社試験に全て失敗し、派遣社員として働いている。ただ、パソコンスキルもなく、仕事は失敗が多い。仕事面では大前春子に憧れているおり、上司の里中に好意を持っている。

 

大前春子、里中賢介、東海林武、森美雪はこのように仕事面だけでなく、恋心も抱いています。

この4人を中心に以上の相関図を頭に入れておくと、『ハケンの品格』がより楽しめると思います。

ドラマ『ハケンの品格』を見たい方へ

『ハケンの品格』を見たい方は、U-NEXTを利用されるといいでしょう。

『ハケンの品格』を見ることができますし、他のドラマ・映画も楽しめます。また、雑誌が読めるサービスもあるのでおすすめです。

『ハケンの品格』をU-NEXTで見たい方はこちら