リーガルVの相関図は?※気になる登場人物

スポンサーリンク

資格を剥奪された元女性弁護士・小鳥遊翔子(たかなし しょうこ)の活躍を描いたドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』。

小鳥遊翔子は大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」に勤務していましたが、弁護士資格剥奪処分を受けたため、事務所を辞めてしまいます。

当然、1人では弁護士活動は行えないため、弁護士資格があるのに実務経験がない元大学教授や訳ありのパラリーガルなどを集め、「京極法律事務所」を設立し、その管理人となって弁護活動を行っていきます。

その「Felix & Temma法律事務所」と「京極法律事務所」などの人物相関図が以下のような感じとなります。

相関図の中で、特に気になる人物が主人公・小鳥遊翔子と関わりがある3人です。

スポンサーリンク

まず、「Felix & Temma法律事務所」の海崎勇人(かいざき はやと)はエース弁護士と言われるほど、やり手の弁護士です。裁判における自分の戦略には絶対の自信を持っていおり、裁判に勝つためならば違法な手段を講じることも厭わない所があります。

かつては、小鳥遊翔子と同僚であり、元恋人同士だったという噂もありますが、真偽は不明です。ただ、『リーガルV』の終盤ではそういった素振りを感じさせる部分があります。

次に、海崎勇人の下で働いている弁護士の白鳥美奈子(しらとり みなこ)は元弁護士・小鳥遊翔子をかなり敵視しています。小鳥遊翔子は弁護士資格がないので、それほど意識しなくてもいいはずですが、経験や能力は内心では認めているので、対抗意識が強いです。

また、小鳥遊翔子と海崎勇人が元恋人同士だったという噂も気にしているようです。海崎勇人に上司としての信頼だけでなく、好意も持っているのかもしれません。

あと、「京極法律事務所」の若手弁護士・青島圭太(あおしま けいた)は翔子からは「ポチ」と呼ばれているものの、『リーガルV』の準主人公的な立場です。

最初は、実直さはあるものの、極度のあがり症やネガティブな考えの持ち主であまり役に立ちませんでした。しかし、翔子と共に経験を積むにつれて、成長していきます。『リーガルV』は小鳥遊翔子が主人公ですが、「ポチの成長記」とも言えるでしょう。

以上のような人物相関図を頭に浮かべながら、『リーガルV』を見るとより楽しめるかと思います。

ドラマ『リーガルV』を見たい方へ

『リーガルV』を最初から見たい、見逃した回を見たいという方はU-NEXTを利用されるといいでしょう。

31日間の無料お試し期間があるので、この間に解約すれば全く費用がかかりません。また、サービスに気に入れば、継続して他のドラマや映画を楽しむのもいいと思いますよ。

『リーガルV』をU-NEXTで見たい方はこちら