リーガルVでの逆転裁判※京極法律事務所が勝利

スポンサーリンク

弁護士資格を剥奪された元弁護士・小鳥遊翔子(たかなし しょうこ)を描いたドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』。

この小鳥遊翔子を米倉涼子さんが演じています。

資格がない以上、小鳥遊翔子は1人では弁護活動ができないので、諸事情がある弁護士やパラリーガルを集めて「京極法律事務所」を設立し、その管理人となって弁護活動をしていきます。

この寄せ集めで弱小とも言える「京極法律事務所」が、かつて小鳥遊翔子が弁護士として勤務していた大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」と対峙していくのが、このドラマの見どころだと思います。

形勢が逆転とした逆転裁判は、『リーガルV』では何度かあります。その結果、「京極法律事務所」が勝利又は実質的勝利しました。

スポンサーリンク

ただ、特に印象的なのは、最終話あたりの逆転裁判でしょう。

ネタバレになるので詳細は書きませんが、ある人物によって逆転裁判となり、小鳥遊翔子及び「京極法律事務所」が実質的な勝利をおさめました。

どうなって逆転裁判となったのかは、是非ご自身で見ていただければと思います。

ドラマ『リーガルV』を見たい方へ

『リーガルV』の見逃した回を見たい、最初から見てみたいという方は、動画配信サービスのU-NEXTを利用されるといいでしょう。

31日間の無料お試し期間があるので、この間に解約すれば全くの無料です。また、サービスに気に入れば、他のドラマや映画などを続けて楽しむのもいいと思いますよ。

『リーガルV』をU-NEXTで見たい方はこちら