リーガルVの受刑者は誰?※小鳥遊翔子の敗北

スポンサーリンク

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』は、資格を剥奪された小鳥遊翔子(たかなし しょうこ)が様々な事情を抱えた弁護士やパラリーガルを誘い出し、「京極法律事務所」を設立し、その代理人となって弁護活動していく物語です。

元弁護士の小鳥遊翔子を米倉涼子さんが演じ、このドラマの準主人公といえる「京極法律事務所」の若手弁護士・青島圭太(あおしま けいた)を林遣都さんが演じています。

この小鳥遊翔子ですが、以前に寛一郎さんが演じる守屋至(もりや いたる)という青年を弁護しました。

殺人容疑の件で弁護したのですが、裁判に負け、殺人事件で9年の実刑判決を受け、刑務所に受刑者として収容されています。

実刑判決後は、翔子は弁護士資格がないため、青島に弁護を受けています。この受刑者・守屋至が『リーガルV』の後半にかけて、カギとなってくる人物です。

再審の裁判、その他の事件、翔子はなぜ資格剥奪処分となったのか、かつて翔子が勤務していた大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」との関わり、などを翔子と青島が調べていくうちに疑問点が浮かび上がっていきます。

そして、どうも受刑者・守屋至は大きな陰謀を隠すために、はめられたのではないかという風に翔子と青島は感じるようになります。

あとは、後半のクライマックスなので、これ以上書きませんが以上で述べたとおり、受刑者・守屋至がカギとなってきます。

この点と点が繋がって、事件の全容がわかってくる『リーガルV』の後半は見ものだと思いますので、見ていない方は見てみてください。

ドラマ『リーガルV』を見たい方へ

ドラマ『リーガルV』をもう一度見たい、見逃した回を見たいという方は、U-NEXTを利用するといいでしょう。

31日間のお試し期間があるので、入会してもこの間に解約すれば全く費用はかかりません。また、サービスに気に入れば13万本以上の動画が楽しめるので続けられるのもいいと思いますよ。

『リーガルV』をU-NEXTで見たい方はこちら

コメント