リーガルV※非弁行為できないのに弁護できるの?

スポンサーリンク

米倉涼子さんが演じている主人公の元弁護士・小鳥遊翔子(たかなし しょうこ)の活躍を描いたドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』。

小鳥遊翔子は非弁行為が行えないので、諸事情がある弁護士やパラリーガルを誘い出し、「京極法律事務所」を作り、その管理人となって弁護活動を行います。

ここで非弁行為とは、「弁護士でない者は報酬を得る目的で法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない」(弁護士法72条抜粋)という法律に基づくものです。

つまり、簡単に言うと依頼者の弁護はできないということです。

なので、「京極法律事務所」の管理人となっても、小鳥遊翔子本人は非弁行為を行えません。

ただ、傍聴席から簡単なサインを出したり、証言者として証言するといった行為は行えます。別の言い方をすると、小鳥遊翔子が裁判に勝てるように道筋をつけて、「京極法律事務所」の弁護士を使って、弁護することは可能です。

また、非弁行為については法廷内だけでなく弁護士だけができる事務・業務というものがあります。法律事務所の受付や事務の一部などについては、弁護士資格は必要ありません。なので、この範疇で小鳥遊翔子は動いているということです。

通常、弁護士資格を剥奪されたら不利な立場になると思いますが、弁護士資格がないのを楯にして翔子は自らは動こうとせず、自ら誘い出した弁護士やパラリーガルをこき使うのがこのドラマ『リーガルV』の面白い所だと思います。

非弁行為ができない元弁護士がどのようにして弁護し、事件を解決していくのか、興味のある方は『リーガルV』をご覧ください。

ドラマ『リーガルV』を見たい方へ

上の話を読んで、『リーガルV』を見たくなった方はU-NEXTを利用されるといいでしょう。

31日のお試し期間があるので、入会してこの期間に解約すれば全くの無料です。また、サービスに気に入れば、13万本以上の動画があるので続けて楽しむのもいいと思いますよ。

『リーガルV』をU-NEXTで見たい方はこちら

コメント