ワンピースのキラーの正体が衝撃的でした

スポンサーリンク

漫画『ワンピース』のワノ国編にて、キラーの正体が明らかになりました。

都で暴れていた鎌ぞうと呼ばれていたお尋ね者の正体がキラーだったのです。カイドウに囚われていたユースタス・キャプテン・キッドの証言で明らかになりました。

終始笑いが止まらないキラーは、人造悪魔の実であるスマイルを食べさせられたと思われます。

キッドは変わり果てたキラーの姿を見て戸惑っており、読者としてはカイドウの非道なやり方に怒りを感じました。

キラーの正体が鎌ぞうだったことから、鎌ぞうと戦ったゾロは、キラーよりは強いと確定しました。

鎌ぞうと戦うゾロは、鎌ぞうの強さを実感しつつも必殺技である鬼切りにて鎌ぞうを倒します。『ワンピース』では剣士が登場しますが、最悪の世代の剣士最強はゾロであると確定したと思います。

確かにキラーは強かったですが、油断をする弱点があったと思います。油断を好機と見たゾロの剣士としての振る舞いは、武士道を感じられる生き様でした。

『ワンピース』のワノ国編は、キラーとキッドが話の重要な部分を担うと思います。

カイドウに囚われスマイルを食わされて狂ってしまったキラーを、キッドや麦わら海賊団がどう救っていけるのかが鍵となるでしょう。

キラーを救い出す過程で、人造悪魔の実を駆使するカイドウの目的が明らかになると思います。

謎の多いカイドウの正体やビッグマムとの関係性が明らかになれば、物語に大きな影響を与えるでしょう。キッドのキラーを想う気持ちに感涙しつつ、ワノ国編を楽しんで読んで行こうと思います。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

コメント