糖尿病の前兆にしびれがでる?

スポンサーリンク

糖尿病の前兆として手足のしびれが出るのは、よくある症状です。

これは糖尿病神経障害という合併症によるもので、数ある合併症の中でも発症する患者が多い合併症です。

糖尿病神経障害は糖尿病によって血流が悪くなり、栄養や酸素が毛細血管に運ばれなくなる事でしびれが出るという説もありますが、まだはっきりと発生する原因はわかっていません。

糖尿病になって初期の段階では手足が若干しびれて気になる程度ですが、進行していくと生活に支障が出るくらいのしびれになっていきます。

スポンサーリンク

そこからさらに進行すると手足の感覚が失われていき、傷ができても気づかない事もあるほどになります。そのため、傷から細菌が侵入して手足が壊死してしまう事もありますので、早期に治療する事が大切です。

治療法としては食事や運動で血糖値を一定に保ったり、薬で血糖値をある程度の数値に保つ方法があります。血糖値をコントロールする事で糖尿病の様々な症状を抑える事ができますが、糖尿病神経障害によって手や足が壊死してしまうと切断するという処置しかありません。

そうなると手や足を取り戻す事はできなくなりますので、少しでも手足にしびれの症状などがあれば病院で相談して早期の治療を受けた方が良いでしょう。

薬なし・注射なしで、血糖値を下げる自宅療養
タイトルとURLをコピーしました