糖尿病が治らない理由

スポンサーリンク

私たちが生活していく上で健康について常に気を付けておく必要があります。

人体に影響を与えるさまざまな病気や症状がありますが、そのなかでも恐ろしいもののひとつが糖尿病です。

糖尿病が恐ろしいのは、なかなか治りにくい病気だからです。

糖尿病は偏った食生活が原因でインスリンの働きが弱くなった状態のことをいいます。一度働きが弱くなったインスリンは元に戻ることはなく、これが糖尿病がなかなか治らない理由です。

もちろん、糖尿病の症状を抑えるためにさまざまな治療法、治療薬が開発されています。しかし、それは糖尿病を治すものではなく、糖尿病の症状を一時的に抑制するものがほとんどです。

また、なかなか薬で治らないのでメンタル面で治療をあきらめてしまうのも糖尿病が治らない理由の一つとなります。

スポンサーリンク

薬はインスリンの分泌を促すことで、無理やり膵臓(すいぞう)を働かせています。偏った食生活を始めとした生活習慣から発症する糖尿病は2型糖尿病ですが、そもそもインスリンを作るβ細胞が破壊されてしまう1型糖尿病というものもあります。

1型が発症してしまうとインスリンはほぼ作られないと考えて良いでしょう。インスリンを外部から注入しなければならなくなります。

また、糖尿病単体では人体に影響はそこまでありませんが、糖尿病が引き起こす合併症が問題です。糖尿病が原因で神経障害や網膜症、腎症などを引き起こすことがあるため、万が一糖尿病になってしまった場合は気を付けなければなりません。

ただ、糖尿病が治らない、治りにくいといっても、食事のバランスを整えたり、適度な運動をするようにすれば、体調を改善し、治していくことも可能です。

あきらめないで、徐々に体の調子を整えるように行動をしていきましょう。

薬なし・注射なしで、血糖値を下げる自宅療養
タイトルとURLをコピーしました