恋愛の気持ちの変化※男性と女性で違うところは?

スポンサーリンク

恋愛における気持ちの変化では、男性と女性との間で差が生じることが少なくないです。

男性は種を残そうとする本能が強いので、恋愛関係の早い進展を望む傾向があります。

具体的には、特別な関係が始まった途端に、相手の肉体を求めようとすることです。

一方、女性は伴侶を見極める本能が働きますから、結果よりも過程を重視する傾向だといえるでしょう。

段階を踏んで関係性を深めたい、そういう変化を望むのが男性との大きな違いです。

カップル

恋愛のスタート地点から男女で違いがある

実は、スタート地点からして性差は無視できないものとなっています。

男性は最初から気持ちが盛り上がっており、相手が堪らなく好き過ぎることが少なくないです。

見た目が好みに合うか否か、自分が求める振る舞いをするかについても評価基準になりやすいです。

対して、女性は好意が徐々に高まって恋に落ちる、このような変化の過程があるわけです。

共感や必要な時に味方になってくれるか、そこが女性の重視するポイントとなります。

また、経済力のある男性は、極論をいえば1人でも生きていけるので、経済力以外の部分を求めがちです。

女性は経済的にも、社会的な立場てきにも1人で生きるのは難しいですから、一緒になって生活してくれる人を欲しがります。

スポンサーリンク

男性と女性では物事の捉え方、考え方が違う

男女の出会いは様々ですし、両方共に一目惚れもあり得るでしょう。

しかし、一度冷静になった後はそれぞれ差が開き始め、やがて現実的な観点で相手を見るようになります。

これが恋愛の距離感で、気持ちが変化するにつれて違いが大きくなる部分です。

元々男性と女性では物事の捉え方、考え方に違いがあって、お互いのことが分からなくなるケースが度々発生します。

男性は行動で示そうとする傾向が強いですから、恋愛に関する言葉を出す回数が少なかったりします。

逆に女性は言葉でハッキリと言って欲しいものなので、言葉にしてくれない相手に不満を覚えます。

付き合いが長くなり、段々あまり気を使わなくなっていくほど、性差の違いは顕著に表れていくことになるでしょう。

おすすめ情報
モテ男になりたい方はこちら
モテ女になりたい方はこちら


コメント