社内恋愛でライバルの男に差をつけて意中の女性を落とすには?

スポンサーリンク

いつの時代にも社内恋愛は出会いの一つになっています。

職場が一緒の女性を好きになってしまった場合には、意中の女性に振り向いてもらわなければなりません。

女性が少ない職場であれば、必然的にまわりの多くの男たちがライバルになっている可能性もあり、ライバルたちに大きな差をつける必要があるでしょう。

女性

意中の女性を観察し、好みなどを把握する

恋のライバルに差をつける行動としてまず第一にやらなければならないことは、意中の女性をしっかりと見ることです。

多くの女性は、少しの変化でも気付いてもらえれば非常に喜ぶものです。

日ごろからその女性の髪型やメイクなどをさりげなく観察するようにしましょう。もしも毎日その女性に会う機会があるのであれば、特に重要なことと言えるでしょう。

毎日会っているからこそ、少しの変化に気付いてもらえれば非常に喜ぶものです。

毎日すべてが一緒ということはほぼなく、毎日しっかり見ておけば、好きな物やデザインの傾向が分かってきます。

好みがわかれば、プレゼントを贈りたいと思った場合にも選びやすくなってくることでしょう。

そしてここで気づいた変化に対し、ほめることを意識してみます。

少しの変化に気付いたとしても、相手に伝わることはありません。少し褒めることで、その女性との距離感も変わってくることでしょう。

もし仲良しの友達のような間柄であれば、女性特有のメイクや髪型などの個性をほめてみると良いでしょう。

反対に知り合い程度の場合には、このような点をほめてしまうと気持ち悪がられてしまう可能性もあるので、整理整頓が行き届いている、字がきれいなどといった社会的に見て魅力的な部分を褒めるのが一つの手段となります。

スポンサーリンク

思いを寄せる女性と信頼関係を築いていく

そして信頼できる間柄になり相談できる存在になることを意識してみましょう。

社内恋愛において、ライバルの男たちよりも女性との距離感を近づけたいのであれば、信頼関係は必須となります。

信頼関係はすぐに築けるわけではありませんが、意中の女性の話をしっかりと聞くことを心掛けましょう。

相談してもらえる存在になれば、連絡先を交換したり二人で過ごせる時間が増えてくるかもしれません。

女性は誠実で信頼できる男性に魅力を感じることも多く、様々な意見に流される性格の人は信用できないと感じるケースが多く見られます。

万が一の時に頼ってもような男性でいることを心がけましょう。

そして日ごろから自分をしっかりと磨くことも大切です。

こちらからアピールするということは、反対に自分が見られている可能性があります。外見だけではなく内面もともに、魅力ある男性でいられるように意識しましょう。

おすすめ情報
モテ男になりたい方はこちら


コメント