恋愛していても寂しい・・・※その理由は自分にあるかも

スポンサーリンク

恋愛をしていて好きな人と付き合っているのに、寂しいと感じる方がいます。

その理由として挙げられるのが、相手との間に確信できる絆がないからです。

相手からの連絡が少ないので、なかなか確信できる絆が築けないでいるという方もおられるでしょうが、相手に連絡を多く要求しても、その人の価値観があるので必要以上に求めるのは難しいと思います。

それと、相手の言葉に疑問を抱いてしまったり、近くにいないと余計に寂しく感じられる場合は、依存傾向の疑いがあります。

寂しそうに座る女性

相手を自分だけのものにしたい、そういう独占欲もまた時に、恋愛において寂しいと感じる要因になります。

この独占欲が強い方は自分に自信がないことが考えられます。自分に魅力があれば、相手が別の人に目移りするということはないでしょう。相手を独占することだけを考えるのではなく、自分の魅力を高める努力もしてみるといいと思います。

また、相手に期待し過ぎていたり、自分が望む恋愛対象の理想像のハードルが高いと、小さなことでも寂しい感情に支配されてしまいます。

本当に絆ができていたり信頼関係が築けていれば、極端な話ですが地球の裏側にいても寂しくないはずです。

スポンサーリンク

1日1回、あるいは数日に1回程度の短い電話でも、簡単に寂しさが埋まって満たされるものです。

1日に何回も電話を要求したり、離れ離れの状況に耐えられないとしたら、それは何らかの原因がそうさせていると考えられます。

本当の愛情に触れた経験がない、相手に求めるばかりで自分を客観的に見ていないなど、寂しい恋愛の原因はいくつも存在します。

人の数だけあると言っても過言ではないので、答えは1つだけとは限りませんが、しかし必ず原因はあります。

寂しいと相手に言って困らせるのではなく、何故そういった気持ちになるのか分析することによって、恋愛を充実したものに変えられるでしょう。

■ モテたいメンズのファッションサイト

SPUTNICKS(スプートニクス)

■ 無理なくスマートに!

グリーンクレンズカクテル