恋愛でPDCAサイクルを取り入れて、お互いの絆を深めよう

スポンサーリンク

好きな人がいる、デートをする人がいる、お付き合いをしているなどいろいろなステップの人がいると思いますが、どこかうまくいかない気がしたり、絆が深まらないことで悩んではいませんか。

自分の性格と合う人、価値観が同じ人など居心地の良い人との恋愛を楽しみたい、という人が多いと思います。

ただ、うまくいっているカップルはお互いに努力もしているもので、失敗することがあっても乗り越えて、前向きに恋愛を続けていくことができるようにしているのではないかと思われます。

女性 案内

恋愛にPDCAサイクルを活用する!

恋愛をするときに活用してほしいのが、PDCAサイクルです。

PDCAサイクルは、仕事などで活用している人もいると思いますが、行動や戦略などを改善するときの方法で、恋愛にも当てはめることができる前向きになるためのシステムです。

PDCAはそれぞれ計画を意味するPlanと実行するという意味のDo、評価のCheck、改善することをあらわすActionの頭文字になっています。

計画したことを実行し、やってみたことがどうだったのか振り返り、改善点を見つけるという意味です。

一連の流れを、次に繰り返す時には、改善点を生かして計画を立てて行き、さらに実行したことを再評価して改善していくというサイクルを作り出すことで、徐々にうまくいくようになっていくというシステムがPDCAサイクルということになります。

スポンサーリンク

うまくいかなかったときは改善していく!

恋愛をする場合にも、うまくいかないと感じる時には、デートや電話、約束など何かをした時に感じる違和感がもとになっていると思います。

自分の行動や言動、仕草などを振り返り、改善できるポイントを探してみましょう。

相手の気持ちに気付けていたかどうか、相手を大切にできていたか、もっと別の提案をしたらよかったなど思い当たることがあったら、どうしたら改善できるかを考えていきます。

少しでも感じた違和感を流してしまわずに、次の時にはどうしたら今回よりも楽しい気持ちになることができるか、ということを考えているうちに相手とうまくいく方法を見つけ出したり、絆が深まったりしていくのです。

スポンサーリンク

うまくいった時も、より良い関係を模索する!

PDCAサイクルは、失敗した時だけに有効な方法ではありません。

うまくいった場合や楽しかった時にも、もっとお互いが楽しめる方法やお互いの絆を深め信頼しあえる方法などを見つける時にも有効です。

自分の視点や自分の気持ちから言い分を考えたり、自分が楽しくなるための方法を考えたりするのではなく、客観的に評価と改善策を考えて二人の関係が良くなる方法を導き出すことがポイントと言えるでしょう。

おすすめ情報
モテ男になりたい方はこちら
モテ女になりたい方はこちら


コメント