結婚式の平服とはどのような服装?

スポンサーリンク

結婚式の招待状をいただく中には、「平服でお越しください」と書かれている場合があります。

この平服ですが、どのような服装を指しているのか、迷う人もおられるでしょう。

結婚式などに来ていく時の平服というのは略式礼装の事で、正礼装や準礼装に準じる服装のことです。なので、「平服でお越しください」と結婚式の招待状に書かれていたのに、礼服でうかがったらマナー違反とみなされるでしょう。

これは、結婚式の招待状に書かれていることを無視した行為だからです。

平服 ワンピース ドレス

結婚式の際に平服でと書かれているときは、新郎新婦などの主役を引き立てるような、洋服で出かけましょう。格式の高い洋服で出席することは控えてください。

そこで、結婚式でいうところの平服ですが、女性はワンピースやスーツがいいと思います。軽めのアクセサリーやスカーフをつけて、パーティー的な感じにしてもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ただ、結婚式の花嫁カラーとも言われる白い色のドレスは避けましょう。また、派手なドレスや肌の露出の高い服も結婚式には合わないので、やめておきましょう。

男性の場合は、スーツとネクタイが平服になると思います。これも、派手な色のスーツ、ネクタイは控えましょう。それと、ネクタイですが結婚式の平服とはいえ、ネクタイをしないのは失礼にあたる場合があるので、していった方がいいと思います。

あと、結婚式の平服で和服を着ていく場合は、訪問着または色無地、つけ下げを着ていくのが好ましいでしょう。

コメント