結婚式のBGM・曲選び※どんなシーンに必要?

スポンサーリンク

結婚式に流すBGM・曲は、結構考えるのが大変だと思います。

新郎新婦にとって思い入れのある曲や思い出のBGMを、結婚式では流したいと思われる人は多いでしょう。それに、どの場面でどのBGMを結婚式で流すという構成もあるので、自分達で考える場合はなかなか苦慮する作業かと思います。

結婚式のBGM・音楽については、ウェディングプランナーに頼むこともできます。結婚式のBGMを考えるのが大変と思われる人は、ウェディングプランナーに依頼するといいでしょう。

結婚式 BGM 曲

もちろん、新郎新婦が自分達で考えるのであればそうされるといいですし、実際自分達で一曲一曲考えて結婚式を行っている新郎新婦もいるようです。

結婚式のBGM・音楽は何曲か用意する必要がありますが、以下では結婚式のシーン別のBGM・音楽について紹介したいと思います。

まず、結婚式に来場してくださった方をお迎えする曲が必要となります。その次は、結婚式の主役である新郎新婦が入場する曲ですね。この曲に関しては、思い入れのある好きな曲を流したいという新郎新婦が多いと思います。

スポンサーリンク

そして、シーンを次々と説明していきますと、新郎新婦のプロフィールを紹介する曲、乾杯をされる時の曲、結婚披露宴の歓談中に流す曲となっていきます。

次に結婚式の披露宴では、ケーキ入刀の時の曲、お色直しで退場する際と入場する際に流す曲、キャンドルサービスなどを行う場合はその時に流す曲、両親への手紙で流す曲、花束贈呈の時の曲、退場の曲と来場者をお見送りして結婚披露宴をお開きにする曲などがあります。

このように、ざっと結婚式と披露宴の流れに沿って紹介しましたが、他の催し物をされる場合は、もちろんその曲も必要となってくるでしょう。

これらを一生に一度の結婚式・結婚披露宴と思って、自分達でBGM・音楽を決めるのもいいですし、入場の時だけ決めて、その他の曲はウェディングプランナーの方にお願いするというのでもいいと思います。

曲によって披露宴の雰囲気が、がらっと変わる場合があるので結婚披露宴の曲については、できれば慎重に選択をしましょう。

コメント