結婚の定義について考えてみました

スポンサーリンク

結婚は、婚姻届を役所に提出して入籍した時点が結婚と定義づける人が多いと思われます。

ただ、これ以外にも、同棲や一緒に長く生活をしていたということで婚姻状態(内縁関係)と見なされ、遺産などの配分に関わってくる場合もあります。これも結婚と考えることもできるでしょう。

このように結婚の定義というのは様々です。

結婚は、経済的な結びつきでもありますし、社会的な結びつきでもあります。また、人間的な結びつきでもあります。これらがあれば、婚姻届を提出しなくても、結婚と考える人もいるようです。

結婚 婚姻届

結婚は法的にも正当なものを指す場合もありますが、相手同士の結びつきだけで法的に正当でなくても結婚と考えておられる人もいるでしょう。

また、同性婚つまり、男同士や女同士といった同性間の結婚もあります。世界では法律的に認められている国がいくつかありますが、日本では同性婚を一部認める動きはありますが、まだまだのように感じられます。

以上のように、結婚の定義を決めるのは難しいところがありますが、やはり法的に認められた形での結婚が望ましいと思います。以下からは、法的に認められた結婚についての話について述べたいと思います。

法的に認められた結婚であれば、健康保険など公的なサービスが受けやすくなります。また、お子さんに関しても、出産や教育費の補助なども認められやすくなります。

スポンサーリンク

結婚の定義について、どのように考えるかは自由ですが、公的なサービスのことも考慮して結婚を考えてみるのもいいでしょう。

法律的な観点から言えば、結婚とは血のつながりのない男女が結びついた、契約状態であると考えられます。

親子関係だと縦のつながりのイメージですが、結婚は横のつながりといった感じです。また、この結婚の契約が解消された状態を俗に離婚と言い、結婚していた時とは状態が全く変わってきます。

あと、結婚は必ず同居しないといけないという決まりはありません。

単身赴任はもちろんですが、別居婚でも結婚の契約は成立するようです。それと、年の差婚、格差婚
などの言葉もありますが、婚姻届を役所に提出してあれば、もちろん結婚の契約は成立してきます。

色んな結婚のスタイルがありますが、二人が末永く幸せな結婚生活を送れるといいですね。

コメント