結婚制度※日本ではどのような決まりごとがある?

スポンサーリンク

結婚制度はそれぞれの国によって違いますが、ここでは日本の結婚制度について紹介したいと思います。

まず日本ではお互いが結婚をしたいという意思があり、婚姻届を役所へ提出した時に、実質的な結婚という形になっています。

結婚をしてもいい年齢は、男性は18歳以上、女性は16歳以上と定められています。

婚姻届 結婚制度

しかし、未成年が結婚をする時は、必ず親の承諾が必要になっています。この未成年ですが、選挙権が18歳に引き下げられるなど、定義が変わってくるかもしれませんし、結婚をしてもいい年齢も今後変わってくるかもしれません。

ただ、現在の結婚制度では、以上のように定められています。

ちなみにですが、親が一回結婚を承諾した場合は結婚する人が未成年であったとしても、その人が再婚する際には、親の承諾が必要ではないようです。

また、未成年の結婚だからと結婚時期を延ばす約束をすると、それは婚約しているということになるそうです。

例えば、お互い成年になってから結婚するという約束や、高校などの学校を卒業してから社会人になってから結婚するという約束は、婚約しているということになるようです。

スポンサーリンク

それに、結婚制度では年齢以外にも、様々な決まりごとがあります。

日本では日本では重婚は禁止されており、一夫一婦制です。

また、再婚する場合女性は、再婚禁止期間が設けられています。これは、再婚直後の妊娠が離婚した前の男性によるものか、再婚した男性によるものかを明確化させるために、女性には再婚禁止期間が設けられていると言われています。

その他には、近親者の間の結婚も禁止されています。直系の親族などこれにあたりますが、どの親等までが禁止されているかは、結婚制度で定められています。

それと、養子の親子同士の結婚についても禁止がされています。

以上が主に定められている日本の結婚制度です。

ただ、冒頭で述べたとおり、結婚制度はそれぞれの国によって違います。世界では、重婚や1夫多妻制が認められている国もありますし、結婚できる年齢も違う場合があるでしょう。

しかしながら、日本で結婚する場合は日本の結婚制度を守って、結婚を行いましょう。

コメント