結婚と夫婦別姓の現状はどのようになっているの?

スポンサーリンク

今回は、日本でも論議となっている結婚と夫婦別姓について紹介したいと思います。

夫婦別姓とは、結婚する前の名字をそのまま名乗り、夫婦で別の名字を名乗ることを言います。

日本では夫婦の姓は結婚すると、夫や妻のどちらかの姓に統一しないといけません。ほとんどは、妻である女性が夫の姓を名乗ることが多いです。

悩む 考える 男女

婿として夫が妻の実家に住むという場合は、妻の姓を夫が名乗ることがありますが、ほとんどは女性が姓が変わることが多くなっているのが現状だと思います。

しかしながら、近頃は女性の社会進出もあり、女性が結婚することで名字が途中で変わると仕事がやりにくいということがあります。そのため、夫婦別姓を希望している人が増加傾向にあるようです。

結婚後の夫婦別姓についてですが、夫婦別姓が議論に浮上はしているものの、日本ではまだ正式には法律で認められていません。

スポンサーリンク

ただ、夫婦別姓を便宜上、使っている人も多いようです。入籍すると戸籍上は姓は夫のものに変わるので、役所などに提出する正式な書類には夫の姓を使用していますが、仕事や職場では結婚する前の旧姓を女性が使っているのが現状のようです。

この他にも、事実婚として籍を入れずに結婚生活を送っている人は、男性と女性が別姓で名乗っている場合もあるそうです。

このように、女性の社会進出やその他の理由で結婚後に姓が変わることに不便を感じている人が増えているのですが、日本で論議になりつつも、夫婦別姓を認める法律は前途多難で作られる見込みがまだ無いと思われます。

特に、女性にとっては仕事上で不便なことが多いので、夫婦別姓を認める法律を待ち望んでいる人は多いのではないでしょうか。

コメント