ガンダム RX-78の由来はどこから?※誰がつけたの?

スポンサーリンク

ロボットアニメの金字塔、『機動戦士ガンダム』。

ガンダムはシリーズが変わるにつれて、変化していっています。

色々好みはあると思いますが、何と言っても欠かせないのがガンダムの初期型です。つまり、「ガンダム RX-78」ですね。

ガンダムファンであれば、「ガンダム RX-78」をご存知の方は多いでしょう。

しかし、「ガンダム RX-78」の名前の由来はご存知ですか?

これはまず、作戦番号を「VX-78」とアニメの企画書で設定されていたことが大きな要因となっています。「ガンダーX78」という案もあったようですが、却下されました。

この「RX-78」は、当時ラポートのアニメ雑誌「アニメック」の編集長で、富野由悠季さんと懇意だった小牧雅伸さんが提案されたそうです。

ちなみに、テレビ版に登場した兵器の型式番号の多くは、彼が「アニメック」誌上でつけたと言われています。

「RX」は当時大河原邦男の愛車であったマツダのスポーツカー「サバンナRX-7」からつけたと言われ、それが「ガンダム RX-78」の由来になったのでしょう。

名前の由来は直接アニメの内容とは関係ありませんが、こういった裏話を知っておくと、より『機動戦士ガンダム』を楽しめるかもしれません。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

コメント