ジオングの足についての名言※『機動戦士ガンダム』より

スポンサーリンク

ジオングはシャア・アズナブルが、アムロ・レイが搭乗するガンダムと対決するために、最後に搭乗したモビルスーツとして有名だと思います。

アニメ『機動戦士ガンダム』のモビルスーツは、基本足がついていました。

しかし、ジオングは足が無く、試作機という扱いでした。そこで、ジオン軍のメカニック担当だと思われる兵士の一言が名言となりました。

「足なんて飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ」

これはガンダムファンなら、多くの方が知っている名言でしょう。

この名も分からない兵士の一言が名言になっているのも、『機動戦士ガンダム』ならではないかと思います。それだけ、人気がある作品ということでしょう。

実際、このジオングは足が無くても、ガンダムと対等にわたりあっています。

ジオングとガンダムは、ほぼ相討ちという形で戦いを終えました。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

コメント