ホワイトベース※ブライト艦長(代理)が戦争を生き抜く!

スポンサーリンク

ブライト・ノアは地球生まれで地球育ちというエリート士官です。

配属先のホワイトベースで艦長代理に抜擢され、反抗的なアムロ、カイら民間人の少年兵たちや立場を弁えない避難民たち、艦の置かれた極限状況に悩み苛立ちながらも軍人として成長を遂げていきます。

しかし、アニメ『機動戦士ガンダム』では、特にモビルスーツやパイロットが注目され、いまいち目立たない存在かもしれません。

ただ、士官になって間もないブライトが地球連邦軍の新造艦ホワイトベースを指揮するのは、かなりの負担があったでしょう。

いくらホワイトベースやモビルスーツのガンダムなどが高性能であったとしても、実際に動かすのは人であり、指揮者であれば統率力が欠かせません。

ブライト自身、まだ精神的に未熟な上、艦船指揮経験が乏しいにも関わらず、アムロ、カイが不満を言ったり、避難民が苦言を呈したりするのは、なかなか耐えられるものではありません。

いかに、ブライトがホワイトベースの指揮官として、努力をしてきたかがうかがえます。

ジオン軍との戦争に生き残れたのは、ガンダム、ガンキャノンなどのモビルスーツとパイロットの能力が高かったことはもちろんありますが、ブライトの指揮能力も優れていたのは間違いないでしょう。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

コメント