科捜研の女※権藤刑事が殉職。死に際に手掛かりを残す

スポンサーリンク

一旦走り出すと何も顧みず負けず嫌いな性格で、京都府警科学捜査研究所のチームと共に、最新技術やデータを武器として数々の事件を解明していく榊マリコ(さかき まりこ)を主人公としたドラマ『科捜研の女』。

その榊マリコ(さかき まりこ)を信頼し、犯人を逮捕していく京都府警捜査一課の刑事で警部補の土門薫(どもん かおる)。

この榊マリコは沢口靖子さん、土門薫は内藤剛志さんが演じています。

土門薫には権藤克利という部下がおり、高橋光臣さんが演じていました。

権藤克利は土門と同じく京都府警捜査一課、階級は巡査部長でした。

スポンサーリンク

忠実で、上からの指示だけでなく土門に対しても絶対的に従っています。土門は、優秀な部下と感じていただろうと推察されます。

しかしながら、亡くなった親友の無念を晴らそうと独断で事件の解決に動いていてしまいます。後に親友の妹を助けようとして犯人に刺されてしまい、最後はマリコ達に向けたある重要な手掛かりを残して殉職しました。

警察である以上、死と隣り合わせではありますが、殉職するにはまだ若かったと土門は感じていただろうと思います。

権藤克利は殉職により二階級特進して、警部になりました。

その後は、権藤克利が残した手掛かりなどが証拠となり、事件が解明されていきました。

ドラマ『科捜研の女』を見たい方へ

権藤克利刑事の活躍などを見たいという方は、動画配信サービスのU-NEXTを利用するといいでしょう。

31日間の無料お試し期間があるので、入会してこの期間に見れば全くの無料で費用はかかりません。また、サービスに気に入れば13万本以上の動画があるので、継続して他のドラマや映画をたっぷりと楽しめむのもいいと思いますよ。

『科捜研の女』をU-NEXTで見たい方はこちら