義母と娘のブルースの相関図は?

スポンサーリンク

そのタイトル通り、血が繋がらない義母と娘の生活や絆を描いたドラマ『義母と娘のブルース』。

その『義母と娘のブルース』の人物相関図が以下ような感じです。

相関図で、注目すべきはやはり再婚した岩木亜希子と宮本良一、そして良一の娘である宮本みゆきでしょう。

岩木亜希子は32歳で部長に抜擢されるほどのキャリアウーマンですが、世間の母や主婦とはズレており、家事は苦手でした。それでも、彼女なりに奮闘するのですが、みゆきには拒絶されてしまいます。

亡き母親のことを想うと反発するのは仕方がないことですが、みゆきは亜希子のことを「おかあさん」と呼ばず、「亜希子さん」と呼んでいました。

スポンサーリンク

一方、良一は胃がんを患っており、退院はしたものの2ヵ月後に亡くなってしまいます。その良一の通夜で亜希子が本心から良一を愛していた事を知り「おかあさん」と呼ぶようになります。

ただ、この『義母と娘のブルース』はここで終わらずに、みゆきが成長して大人になるまでを描いています。まだ、見たことがない方やもう一度見たいと思っている方は、以上の相関図を頭に入れておくと、より楽しめると思います。

ドラマ『義母と娘のブルース』を見たい方へ

『義母と娘のブルース』を見たい方は、オンラインレンタルを行っているU-NEXTを利用するといいと思います。

『義母と娘のブルース』を第1話~最終話まで見ることができますし、他のドラマや映画も楽しめるのでおすすめです。

『義母と娘のブルース』をU-NEXTで見たい方はこちら