義母と娘のブルースで竹野内豊さんが朗らかなパパに

スポンサーリンク

ドラマ『義母と娘のブルース』は、32歳の若さで部長になった仕事一筋のバリバリのキャリアウーマンの岩木亜希子が、先妻を亡くした宮本良一と結婚して、小学生の娘みゆきの義母となる物語です。

この岩木亜希子を綾瀬はるかさんが演じ、宮本良一を竹野内豊さんが演じています。

宮本良一は、みゆきの父親で老舗の金属会社「桜金属工業」勤務しています。周囲から「陽だまりのような人」と言われる朗らかな性格です。

しかし、スキルス性胃がんを患い、娘・みゆきを託すために亜希子と結婚します。そのあと、退院しますが、2か月後に息を引き取りました。享年46才。

この朗らかで良い父親・社員でありますが、病気で亡くなるという悲しい役を竹野内豊さんが見事に演じています。

スポンサーリンク

岩木亜希子と宮本良一、そして娘のみゆきとのやり取りは、笑いを誘う部分や悲しい部分があるので、見ていない方は『義母と娘のブルース』を見ていただきたいと思います。

竹野内豊さん、綾瀬はるかさんのファンの方はもちろん、ヒューマンドラマが好きな方はきっと楽しめる作品だと思います。

ドラマ『義母と娘のブルース』を見たい方へ

ドラマ『義母と娘のブルース』を見たい方は、U-NEXTがおすすめです。

『義母と娘のブルース』を見ることができますし、他のドラマや映画を楽しむことができますよ。

『義母と娘のブルース』をU-NEXTで見たい方はこちら